50代男性に多いビール腹って本当にビールが原因なんですか

2020年2月14日

50代男性に多いビール腹って本当にビールが原因

毎日飲んでいるアルコールの糖質量は

お酒が大好きでアルコールは
ほぼ毎日飲んでいます。

そして、

おなかがポッコリでているわけですが、
これは毎日飲んでいるビールが原因なんでしょうか?

ビールっ腹っていうのは、
聞きますが、焼酎って腹とか、日本酒腹って
言わないですよね(笑)

で、

今更ながら調べてみました。

はい!

答えは意外に単純で、

「ビールの丸い樽に似ているから」だそうです。

ビール腹の意味は、ビール樽に体形が似ているから

なるほど・・・

ビールの飲みすぎでお腹が出てくるわけでは
ないみたいですが本当かなぁ?

それならビール腹ってどういう状態なんでしょうか?

その答えは、

そうです。

みんなが知っている

「内臓脂肪」です。

50代男性と内臓脂肪

内臓脂肪っていう名前ですから
簡単にいうと内臓の周りについている脂肪の事ですね。

内臓脂肪がついてしまうのは
夜遅い食事、高カロリーな食事、
糖質の多い食事、高脂肪な食事を摂っているからです。

う~ん!!!

今の生活に全部あてはまります。

しまもこのような食事を続けていれば、
内臓脂肪だけじゃなく、

「皮下脂肪」

にも脂肪がついてきます。

その状態がまさに、今の私です。

内情脂肪はつきやすく落ちやすいって
言われていますが、現実的にはなかなか落ちてくれません。

内情脂肪じゃたりなくて皮下脂肪もたっぷり
ついているのでこれは深刻な問題です。

さてさて、

ビール腹はビールが原因ではないって
感じにですが、ビールにもしっかりと糖質が
含まれています。

糖質の多いお酒を飲めば太ります

それもアルコール類の中では多い方です。

どのくらい糖質が多いかというと、

梅酒 ロック 1杯 90ml 糖質 18.6g

スタウトビール 中ジョッキ 320ml 糖質 15g

淡色ビール 中ジョッキ 320ml 糖質 9.9g

日本酒 1合 180ml 8.1g

赤ワイン 120ml 糖質 1.8g

白ワイン 120ml 糖質 2.4g

蒸留酒の

ウィスキー、ブランデー、ウォッカ、焼酎 糖質 0

なので、ハイボールなんかはいいですね

50代男性のダイエット中のアルコールはハイボールがおすすめ

また、

ビールは、焼肉、餃子、唐揚げとか、
脂っこい食べ物との相性が抜群にいいです。

ビールを飲み過ぎると
これだけでも糖質をたくさん摂る事になるし、

一緒に食べる高カロリーなおつまみで
さらに内情脂肪がついてしまいます。

これが、ビールを飲むからビール腹っていうイメージに
なっているんですね(汗)