50代の男性のダイエットには『筋トレ』を取り入れるべき!筋トレがもたらす意外なメリットとは?

50代の男性のダイエットには『筋トレ』を取り入れるべき

歳をとるにつれて太りやすくなり、特に50代になると筋肉の減少も相まって体型崩れに拍車がかかります。

ミドル/シニア世代、特に男性の方はダイエットを効果的に行いたいのであれば、食事制限や運動と共に「筋トレ」を取り入れられることをおすすめします。

筋トレは体型維持だけでなく、さまざまな面でメリットがあるんですよ。

そこで今回は50代男性のダイエットに筋トレを取り入れるべき理由や効果的な筋トレ方法をご紹介します。

50代男性のダイエットには筋トレを取り入れよう!

50代男性のダイエットには筋トレを取り入れよう


筋トレというとボディメイクのためのものと思われがちですが、それ以外にも様々なメリットがあるのです。

1.成長ホルモンが分泌されるから

50代を越えてから運動ダイエットをしてもあまり効果が出ないのは、基礎代謝が衰えてしまっているためです。

筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは筋肉をつけるだけでなく、体脂肪を減らす働きもあります。

基礎代謝が落ちるミドル/シニア世代にこそダイエットには筋トレを取り入れるべきです。

2.生活習慣病の予防になる

筋トレは血糖値を下げてインスリン抵抗性を高める効果があります。これは糖尿病のリスクを減らす働きがあるということです。

また、筋トレによって筋肉をつけることは、代謝を高める効果もあるため、生活習慣病全般の予防にもいい影響があります。

ミドル/シニア世代の男性は生活習慣が乱れがちなのでおすすめです。

3.うつ病の予防や改善になる

筋トレをすること脳内でセロトニンが分泌されやすくなるという研究結果が出ています。

うつ病の改善にはセロトニンの分泌が効果的とされています。

セロトニンとは別名「幸せホルモン」。

筋トレを取り入れたダイエットを行うことで、幸せホルモンが分泌され、辛いイメージのダイエットが楽しいものに変わるかしれませんよ!

うつ病の予防や改善、ダイエット自体にも前向きに取り組めるようになるでしょう。

50代男性の筋トレで気を付けるべきことは?

50代男性の筋トレで気を付けるべきことは


50代男性に筋トレが必要だということはお分かりいただけたかと思いますが、若い世代と同じような筋トレをしていては身体に負担がかかってしまい、かえってダイエットが上手くいきません。

50代には50代に合った筋トレがあります。

いくつかポイントをあげると…

ウオーミングアップをしてから行う
少し物足りないくらいで留めておく
息を止めて力む筋トレは控える
激しい筋トレは行わない

ことがが大切です。

ムキムキの筋肉ボディになることが目的ではなく、筋トレ運動を行うこと自体が大切になるので、筋トレは最小限で大丈夫です。

50代男性の効果的な筋トレダイエット


50代になると、激しすぎる筋トレは逆に負担になってしまうということでしたが、50代男性におすすめな筋トレメニューにはどんなものがあるのでしょうか?

プッシュアップ
スクワット
プランク

これらの筋トレを1セット10~20回を3セットほど行えば十分です。

はじめのうちは筋トレ姿勢をとるだけでも大変かと思いますので、腕立て伏せなどであればヒザをついたままで行ったり、スクワットであれば深く腰を下げなくてもかまいません。

少しづつ身体を慣らしていって、徐々に負荷をかけていくようにすればいいでしょう。

コツは『少し辛い』と感じるくらいの筋トレ量です。

無理しすぎはよくないからといって、全く身体に負荷がかからない筋トレは全く意味がありませんからね。

筋トレと併用しながら、炭水化物や糖質を控えてみたり、ウォーキングなどの運動を取り入れるとよりダイエット効果を期待できるかと思います。

健康的にダイエットしよう

健康的にダイエットしよう


ダイエットと聞くと食事制限や運動をイメージしがちですが、50代以降のミドル/シニア世代は基礎代謝が低下しているため、期待しているような効果が得られないことがあります。

そこで、筋トレをダイエットに取り入れることによって、体脂肪を減らしながら筋肉をつけて基礎代謝を上げることができます。

特に、筋トレは生活習慣病予防やうつ病の予防や改善にも効果的。

健康面や精神面が揺らぎやすい50代の男性にこそ筋トレを取り入れたダイエットはおすすめです。

これからダイエットを計画してるという方は、無理のない範囲で筋トレを取り入れてみられてはいかがでしょうか?